家具の搬入について

カテゴリ :

2019.08.08 公開

配送先の制限により、お求めいただいた商品を納品できない場合がございます。
ご購入の前に①納品スペースおよび②搬入制限をご確認ください。

①納品スペースについて

 エレベーター

エレベーター 扉の幅・高さ、内部の幅・奥行・高さ

商品サイズの最も長い部分がエレベーターの扉の高さよりも短く、最も短い部分が奥行よりも短ければ積載できます。
エレベーター内に商品を立てて入れられない場合は、家具を斜めにした奥行がエレベーターの奥行より短ければ搬入することができます。

エレベーターサイズが小さく、搬入に使用できない場合は、Kagg.jp事務局までご相談ください。


 階段

階段 階段の高さ、踊り場の幅・奥行・高さ

階段形状・階段幅・階段の天井幅をご確認ください。
螺旋階段や、踊り場があり、折り返しが必要な階段の場合、持ち上げて折り返すことがあります。折り返し地点の天井の高さが、商品の長辺よりも長いことをご確認ください。

階段幅が商品サイズの1番短い部分よりも狭い場合、搬入できません。


 通路・間口

通路・間口 ドアから壁までの幅、廊下の幅、お部屋のドア枠の幅・高さ

通路はお部屋よりも天井が低い場合や、扉や照明によって実際よりもスペースが狭くなる場合がありますので、ご注意ください。

商品が通過する幅が商品サイズの短辺よりも小さい場合、搬入できません。


商品の種類や配送エリアによって納品形態(完成品・現地組立)は異なります。完成品での納品が難しい場合は、事前にKagg.jp事務局までお問い合わせください。



②搬入制限について

下記に該当する制限がございましたら、必ず事前にKagg.jp事務局までご連絡ください。

 ☑納品先周辺の道路事情が特殊である ※通常、納品には4t車でお伺いします

(例)・道幅が狭く、4t車の進入ができない
   ・車両通行禁止の時間帯がある
   ・納品先建物前の道路に駐停車できず、○○m先の駐車場を利用する必要がある

 ☑納品する建物に、入場に関する制限がある

(例)・エレベーターを利用できる時間が限られている
   ・商品が通過する床・壁などに養生(破損を防止するための措置)が必要
   ・建物内で台車を使用できない

 ☑駐車場に制限がある

(例)・地下駐車場への入庫が必要で、車両制限がある
   ・荷捌き所・施設の共用駐車場で、利用できる時間に上限がある

 ☑納品前に届出が必要

(例)・作業届搬入届の提出が必要
   ・納品時、管理会社が発行した搬入許可証の携帯が必要
   ・事前に特定の場所で受付が必要

上記条件に該当する場合、特別対応費として別途料金が発生する場合がございます。あらかじめご了承ください。

お届けの方法が一般的な宅急便と異なるため、再配達には別途費用《15,000円(税抜)》が発生します。
ご不在で商品をお受け取りいただけないとき
・納品当日に追加で不要家具の引取が発生したとき
  -事前のご相談がないときは、対応できない場合がございます
・上記①、②に該当する搬入制限が納品の直前や納品日当日に発覚し、納品できなかったとき

おすすめの特集記事

すべての特集を見る