オフィスチェアにヘッドレストは必要?これで迷わない選び方

2022.10.13 更新

 

チェアにヘッドレストは必要?

さまざまなバリエーションが存在するオフィスチェア。その中でもオプションとなる「ヘッドレスト」が自分に必要なのかわからない!と悩まれていませんか?
長く使うオフィスチェアだからこそ慎重に考えていきたいポイントですよね。

そもそもヘッドレストとは、オフィスチェアに深く腰掛け背もたれに体を預けているときに力を発揮するパーツです。そのためチェアの使い方によって必要かどうかが決まってきます。

チェアの使い方で決める「ヘッドレスト」の必要性

ヘッドレスト付きがおすすめの方

ヘッドレスト付きチェア

・普段から後傾で座ることが多い

・考え事や作業をする際にリクライニングを使いゆったり座る

・休憩するときやテレビ・映画鑑賞をするときにもオフィスチェアを使う

チェアをこのようにお使いの方はヘッドレストがあるとリラックスして体を預けられます。
ただし、自分の頭の位置にフィットするかはチェアによって変わってきますので、ぜひ試座してぴったりのチェアを見つけてみてくださいね。

ヘッドレストが不要な方

ヘッドレストなしのチェア

・PCやデスクに向かう際、前傾姿勢になり背もたれをあまり使わない

・休憩するときやリラックスするときはソファーなど別のチェアを使う

チェアをこのように使う場合、ヘッドレストを使う時間がほとんど無いでしょう。作業時に前傾姿勢になる方は、姿勢をサポートしてくれる前傾機能付きのチェアをおすすめします。

ヘッドレスト付きオススメチェア3選

オカムラ Contessa seconda(コンテッサセコンダ)

オカムラ コンテッサセコンダ

ハイクラスなチェアをお探しの方に人気の製品です。グローバル基準の強度と耐久性を誇るため丈夫で長くご愛用いただけるうえ、スタイリッシュなデザインに独自開発の座り心地のいいメッシュが特徴です。
ヘッドレストは大型で固定タイプ、小型で可動タイプの2つからお選びいただけます。

エルゴヒューマン Ergohuman Fit(エルゴヒューマン フィット)

エルゴヒューマン エルゴヒューマンフィット

エルゴヒューマンの中でも、諸外国に比べ小柄な体型が多い日本人向けに作られてるチェア。ランバーサポートが独立しているため、前後左右に動き座る人の動きに合わせて背骨のS字カーブをサポートします。
ヘッドレストは上下の高さ、角度調整に加え前後調整も可能となっています。

コクヨ ing(イング)

コクヨ イング

360°グラインドする座面が特徴で、体の自由を妨げず微細な動きにも追随。固定させずあえて座面が揺れることでデスクワークに「動き」をもたらし、頭と体が活性化する姿勢を作ります。
ヘッドレストは30°の範囲でお好みの角度に調整できます。

ヘッドレスト不要な方へ 前傾機能付きオススメチェア3選

オカムラ Sylphy(シルフィー)

オカムラ シルフィー

オカムラの中でも人気であり、kagg.jpの中でも圧倒的な売り上げを誇るチェア。調整機能が充実しているため、自分の体に合わせて細かく調整できるようになっています。バリエーションが豊富でオフィスにも自宅にも合わせた仕様をお選びいただけます。

コクヨ Bezel(ベゼル)

コクヨ ベゼル

前傾機能だけでなく後傾機能もついておりさまざまな姿勢に対応。座面が独立しているため着座中に姿勢が変化しても自然に背骨のS字形状を保ちます。6本帯のランバーサポートが、背骨の湾曲や姿勢変化に合わせて自在に伸縮することで、腰を面でサポートしてくれるチェアです。

ハーマンミラー Aeron Chair(アーロンチェア)

ハーマンミラー アーロンチェア

世界中で長く愛されるロングセラーのチェア。リラックスするための要素は排除し、作業に集中するために特化した機能を搭載している、まさに働くための椅子といえます。シックなカラーと落ち着いたデザインで、映画やドラマでも度々使われているのを目にします。

さいごに

いかがでしたか?普段どのようにチェアを使っているか、どのように使いたいかが大切です。ぜひご購入の際にご参考にしてみてくださいね。

おすすめの特集記事

すべての特集を見る