【大感謝祭】9月28日(金)17:59まで 対象オフィスチェアが通常の会員価格から、最大10%OFF!
新サービス開始!Kaggレンタル

オフィスに最高の安らぎと座り心地を。エグゼクティブチェア特集

カテゴリ :

2018.06.12 更新

皆さんはオフィスチェアを選ぶ時、どのような点に着目していますか?

オフィスチェアを新しく導入する際に見るべきポイントは、座り心地だけではありません。デザイン性の高さ、オフィスへの馴染みやすさ、張地の材質、操作性、機能性、長時間座っても疲れにくいかなど、様々な要素を考慮する必要があります。

洗練されたデザインや疲れにくい安定的な座り心地、さらには高級感を持たせたオフィスチェアを求める際に、選択肢の一つとして挙げられるのが「エグゼクティブチェア」です。
今回は、エグゼクティブチェアの魅力と、おすすめの製品を合わせてご紹介します。

最高のオフィス環境を目指して生まれたエグゼクティブチェア

エグゼクティブチェアとは、エグゼクティブ(=上級管理職)という言葉の通り、オフィスチェアの中でも主に、上級管理職に就く人物が座ることを想定して制作されたイスを指します。そのため、機能面・デザイン面どちらにおいても最高級のこだわりを持って作られたものが多いことが特徴です。

まずは、エグゼクティブチェアによく見られるこだわりを、3つに絞ってご説明します。

1.長時間座っても疲れにくい機能

オフィスチェアにもっとも求められるポイントは、長時間座っても疲れにくいこと。そのため、ワーカーの快適な座り心地を実現する様々な機能が求められます。姿勢をサポートする背もたれなどは、その一例です。
エグゼクティブチェアについてもそれは同様で、メーカー各社の趣向がうかがえる部分でもあります。

例えば、次の章で詳しくご紹介するイナバの「Xair Premium Edition(エクセア プレミアムエディション)」は、最高の座り心地を求めて、クルマの設計を元に製品化されたオフィスチェア!

▲イナバ「Xair Premium Edition(エクセア プレミアムエディション)」

個性的なデザインと追求された座り心地から、デザイナーのこだわりが感じられます。
その他にも、腰から背中までしっかりと支えてくれる背もたれ、 作業中にもリラックスできる可動域の広いリクライニングなど、確かな座り心地を叶える機能を搭載したチェアが数多く存在します。忙しく働くエグゼクティブにとっても、やはりチェアの座り心地は重要なポイント。自分のワークスタイルにぴったりのイスを見つけたいですよね。

2.オフィスをグッと引き締める高級感

座り心地と共に重要視されるチェアの見栄え。せっかくですから、視覚的にも「良いイスに座っている!」という満足感がほしいですよね。エグゼクティブチェアならば、なおさらその高級感・重厚感にこだわりたいところ。
今回は張地に注目してみましょう。一般にオフィスチェアは布張りの製品が多いなか、エグゼクティブチェアと呼ばれるチェアには革張りの製品が多いのです。さまざまな素材の中でも、本革を張地に用いた製品には独特の重厚感があります。

例えばキールハワーの「Unity(ユニティ)」。ボディが総革張りで、見た目の高級感を感じられる製品です。

▲キールハワー「Unity(ユニティ)」

ポリプロピレンやナイロン、フレームはアルミといった軽い素材を使用するオフィスチェアも多い一方で、エグゼクティブチェアでは「軽さ」だけに重きを置かない製品づくりを行なっています。

▲オカムラ「Legenda(レジェンダ)」

オフィスにエグゼクティブチェアがあることで、空間がハイランクで上質なものへとレベルアップするでしょう。

3.身体に優しくフィットする素材

設計やデザインと共にオフィスチェアの快適さをグッと底上げするのが素材です。ボディやフレームといったメインとなるパーツの素材はもちろんのこと、座面のクッションや背もたれの素材まで考え抜かれた製品が並びます。

たとえば、オカムラの「Lives Work Chair(ライブス ワークチェア)」は、座面のクッション素材に特徴を持った製品です。座面に接触する臀部や太ももへの負担を小さくするために、前方と後方とで硬さの違う「異硬度クッション」が使用されています。

▲画像は同じく「異硬度クッション」が使用されている「Sabrina(サブリナ)」のもの。

このように、長時間のデスクワークでも快適に過ごすことができるよう、現在では各メーカーより機能・デザイン共に様々なこだわりを持ったエグゼクティブチェアが登場しているのです。



オフィスを華やかに彩る!最強のデザインと座り心地を兼ね備えたエグゼクティブチェア5つ

それでは、実際にKagg.jpおすすめエグゼクティブチェアを5つご紹介します。

多種多様な機能・デザインが用意されているので、オフィスの雰囲気や好みに照らし合わせながら、じっくりとご覧ください。

1.イナバ「Xair Premium Edition(エクセア プレミアムエディション)」

美しいデザイン・機能美に対して与えられるグッドデザイン賞を獲得したイナバの「Xair Premium Edition(エクセア プレミアムエディション)」。これまで、車をはじめとする多くの工業製品のデザイナーとして携わってきた奥山清行氏によってデザインされたエグゼクティブチェアです。クルマの開発の際に考えられている座り心地をオフィスチェアにも取り込んで生み出されています。

アルミを用いて設計したことによる、クルマのような独特の光沢感とシャープなデザインが、オフィスに確かな存在感を与えます。世界の名車をイメージしてつくられたボディは、まるでクルマの座席のようにどっしりとしています。長時間のデスクワークを行なうビジネスマンにとって、最高のパートナーとなり得ることでしょう。

チェアの背面には、限定のシリアルナンバー入り革張りエンブレムを採用しています。デザイン会社「KEN OKUYAMA DESIGN」の焼印をエンブレムにあしらうことで、重厚感とスタイリッシュさを兼ね備えるデザインとなっています。

手縫いされた革張りのアームレストも上質な仕上がり。働くときは姿勢をサポートし、休むときには身体にフィットするよう、設計・触り心地など、多くのポイントにこだわっています。

メーカー:株式会社稲葉製作所
製品ページ:株式会社稲葉製作所 Xair PREMIUM EDITION

2.KEILHAUER「Unity(ユニティ)」

高い技術力を持ち合わせているのがKEILHAUER(キールハワー)社の製品。もともと馬具製品を生産していた家族が、持ち合わせていた縫製技術を生かして家具生産を開始したのが、ブランドのはじまりです。

「Unity(ユニティ)」は、その中でも“ゆとり”と“快適性”を重視して生み出されたエグゼクティブチェアです。遠目から見ても美しく感じられるゆるやかなボディラインは、オフィスに溶け込み上質な雰囲気を作り出してくれることでしょう。

「Unity」で特徴的なのは、自然と胸が開きやすい設計がされた「フリーショルダーデザイン」の背もたれ。長時間のデスクワークによって猫背になりやすい場合でも、肩甲骨にゆとりを生み出すことによって自然と胸が開くよう設計されています。

また、横から見ると逆S字型を描いているのもポイント。背もたれが背中と腰を同時にしっかりと支えることよて、疲れを軽減させてくれます。逆S字型の背もたれが腰にしっかりとフィットするので、長時間仕事をしていても不快感や違和感を防ぐ効果を与えてくれるのです。

メーカー:KEILHAUER(キールハワー) ※販売はプラス株式会社です
製品ページ:KEILHAUER KH-69(Unity ユニティ)/

3.オカムラ「Legenda(レジェンダ)」

人間工学の側面から徹底的にデザインされたオカムラの「Legenda(レジェンダ)」。革で仕上げた上質な設計で、どこまでもゆったりとした座り心地を私たちに提供します。エグゼクティブチェアとしての風格を追求した、機能美・デザイン共に優れたチェアです。

今までには無い感覚的な操作を実現した「スマートオペレーション」。肘の先端にあしらわれた操作レバーを引くことで、姿勢の調整を簡単に行うことができるのです。従来のチェアでは実現しきれていなかった直感的な操作が、スマートさをより際立たせます。

人間の動きによって座面が動く「アンクルチルトリクライニング」も搭載。くるぶしの動きを中心に、背もたれと座面がシンクロしながら動きます。落ち着き感のある姿勢や体勢を維持することで、長時間のデスクワークにも支障をきたしません。

硬さの異なる3種類のウレタンを用いて成形した座面の「異硬度クッション」は、座面の前方は太ももを優しく包み込む柔らかいウレタンを、後方は臀部をしっかりと支える硬めのウレタンを採用して、長時間の快適な座り心地を生み出しています。

メーカー:株式会社オカムラ
製品ページ:株式会社オカムラ Legenda

4.Wilkhahn「Modus(モダス)」

人間工学の側面と、ミニマリズムの考え方を融合して生まれたWilkhahn(ウィルクハーン)の「Modus(モダス)」。Wilkhahn社はデザイン界に大きな影響を与えたドイツ・バウハウスのデザイン感を取り入れており、シンプルで機能的な製品が多く生産されているのが特徴です。

デスクワークを行なうビジネスマンの姿勢のサポートは、人間工学の側面から。オフィスに馴染み長く使用することができるデザイン感は、ミニマリズムから。それぞれの考え方を集約して生み出された、現代を代表するエグゼクティブチェアの一つです。

背もたれには、複雑な操作をすることなく身体に馴染んでリクライニングを行なう「シンクロメカニズム」を搭載しています。

24°の幅感でリクライニングを倒すことができるので、その時々の姿勢に合わせて設定することができます。また、しっかりとした姿勢を保ちたい場合は0°でロックをすることも可能です。

スリムで弾力のある背もたれは、長時間の作業でもムレを一切感じない通気性の良さを実現しています。

また、腰周りをしっかりとサポートするよう背骨のラインに沿って設計されました。座面は、臀部の体圧を分散させるように作られているので、身体への余分な負担を軽減してくれます。

メーカー:Wlikhahn(ウィルクハーン) ※販売はコクヨ株式会社です
製品ページ:Wilkhahn Modus

5.オカムラ「Lives Work Chair(ライブス ワークチェア)」

まるで自宅のような安心感をオフィスチェアにも実現させたオカムラの「Lives Work Chair(ライブス ワークチェア)」。オフィスチェアとして必要な機能美はもちろんのこと、カジュアルな雰囲気を保つべくしてデザインされた柔らかいフォルムが特徴的です。

また、チェアの素材は4種類から選択することができます。カッチリとした雰囲気をつくる革素材への変更も可能です。オフィスの雰囲気に合わせて、組み合わせてみてください。

くるぶしを中心として背もたれがスライドする「アンクルチルトリクライニング」やレバーによる座面の調整など、オフィスチェアとしての利便性をとことん追求した性能を持ち合わせています。また、背もたれは身体にぴったりとフィットして優しく包み込むため、身体への余分な負担や疲れを感じさせません。

柔らかいフォルムではありながらも、隠された利便性の高さはとても魅力的。

感覚的な操作を可能にした「レバー配置」、さらに太ももや臀部へのサポートを兼ね備えた「異硬度クッション」など、見た目の柔らかさを超越する豊富な機能が大きなポイントです。

メーカー:株式会社オカムラ
製品ページ:株式会社オカムラ Lives


まとめ

いかがでしたか?オフィスの雰囲気をグッと上げるエグゼクティブチェア5シリーズをご紹介しました。
あらためて製品を見てみると、設計・デザイン・素材を中心に、各メーカーあらゆるポイントにこだわりながらチェアを生み出していることがわかります。

ぜひこの機会にエグゼクティブチェアを導入して、さらに快適なオフィスを実現してくださいね。

お問い合わせ

エグゼクティブチェアについてのお問い合わせは、Kagg.jp事務局までお気軽にご連絡ください。

Kagg.jp事務局 0120-473-047(平日9:00〜18:00)
メールでのお問い合わせはこちら

おすすめの特集記事

すべての特集を見る