初めてのオフィスチェア購入におすすめ!コクヨのENTRY(エントリー)

2022.11.04 更新

アイキャッチ

エントリーとは

その名の通り オフィスチェア入門者におすすめ のチェア、エントリー。世界的にも評価されているコクヨのエアフォートの座り心地やデザイン性を、より気軽に手に入れて欲しいという想いから開発された商品なんです。高価な部材を使わずに個人に合ったチェアを作るための独自開発を重ねたり、通販限定にて販売することで お手頃な価格 で販売されています。

この記事では、オフィスチェアの基本的な機能についてもご説明して参ります。自宅にオフィスチェアを導入したいが悩んでいるという方や、専門的な言葉が多くてよくわからない…という方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

エントリーはオフィスチェア入門者におすすめ

エントリーがおすすめの理由

オフィスチェア初心者でも挑戦しやすい

オフィスチェアの基本的な機能を標準搭載にて押さえていながらも 、コストパフォーマンスは最高。 メッシュチェアは高価格帯が多いイメージですが、この単価で手に入るのも魅力的ですね。いきなり高級品を試すのは怖い方にとっても、 オフィスチェアデビューには最適 な商品です。

自宅で使用しているイメージ画像

 

低価格チェアなのにオプションが選べる

市場の商品を見ても、この単価感で可動肘やヘッドレストのカスタマイズが可能なのはとてもめずらしいです。コストを絞って希望条件を満たす商品を探すのはなかなか難しいもの。エントリーなら、 価格を抑えてこだわりの一脚が手に入ります

エントリーの標準機能3点

エントリーには オフィスチェアならではの機能が標準装備 されています。この単価でオフィスチェアの様々な機能を一通り体験できるのはとても珍しいですね。そんなこだわりの機能について、一般的なチェアとの違いをご紹介していきます。

①ランバーサポート機能

人の背骨はS字形状なので、この形状をキープすることで、疲労が蓄積しにくいといわれています。ランバーサポート機能を使えば、一人ひとり異なる背骨の「S字形状」のラインに合わせて、上下の位置や強度の調整ができます。 腰痛対策としても便利な機能 ですね。

ランバーサポート機能

②シンクロロッキング機能

背もたれだけが動く一般的なチェアとは異なり、背もたれに体を預けると、座面もその重さに合わせて後ろに少し倒れる機能です。座っている位置が前にずれることがないため正しい姿勢のまま休憩ができて、 長時間の執務でも疲れにくい のが特徴です。また、背もたれは初期位置で固定ができます。

シンクロロッキング機能

③奥行き調整機能

座面の高さはもちろん、奥行きを調整できます。座面が短すぎると、太ももにかかる体圧がうまく分散されず、 血行不良や疲れの原因 になります。長すぎる場合も座面が膝の裏を圧迫し、血行不良の原因になってしまいます。自身の体格やデスクの高さにあわせて、 快適な座り心地になるようカスタマイズ しましょう。
※座面調整幅・・・奥行:43~47cm、高さ:41.5~51cm

座面の奥行き調整 

エントリーのオプション2点

一般的にこの価格帯のチェアはオプションの選択肢が少ないため、デザイン・機能どちらもともに自分好みのチェアを見つけるのは難しいことも。エントリーは 座面の張地と脚の色を選択できる だけでなく、 追加オプション機能も充実 しています。

①可動肘

肘置きをつけることで姿勢の崩れを予防し、肩にかかる負担が軽減されます。肘置きの高さを調整して肘の角度が約90°になるように座ることで、 肩こりや手首の痛みなどを予防 することが可能です。

肘置き付きの参考画像

②ヘッドレスト

普段から後傾姿勢で執務にあたる方や、リクライニングを使い背面にゆったりもたれかかることが多い方にはぜひおすすめしたいオプションです。ヘッドレストがあると リラックスして体を預けられる ので、休憩するときにもおすすめです。

ヘッドレスト付きのエントリー

さいごに

今回は低価格で多機能なエントリーの魅力を紹介させて頂きました。この記事を読むまでは、メーカー品のオフィスチェアを購入するのに少しハードルを感じていた方も多かったのではないでしょうか?低価格でご自宅のリモートワーク環境が改善できる素敵な商品ですので、オフィスチェア購入にお悩みの方はぜひ一度、コクヨのエントリーを検討してみてくださいね。

おすすめの特集記事

すべての特集を見る