法人限定 簡単1分登録!まとめ買い相談を受付中 Kaggコンシェルに無料で相談する

作業や姿勢で適した椅子が変わる!長時間座っても疲れにくいオフィスチェア10選

2022.07.19 公開

はじめに

長時間椅子に座っていると、体の疲れを感じませんか?お仕事中長く座るオフィスチェアだからこそ、ご自分に合ったチェアを選んでうまく疲れを軽減したいですよね。
今回は作業姿勢別におすすめのオフィスチェアを10シリーズご紹介します。長く座ることで疲れを感じる原因もご説明しますので、ぜひチェア選びの参考にしてくださいね。

作業や姿勢で適した椅子が変わる!姿勢別おすすめオフィスチェア10選

ノートパソコンの使用や書き物で「猫背」になりやすい方には、前傾機能付きチェアがおすすめ

お仕事中にどうしても猫背になってしまう方には、前傾機能付きチェアがおすすめです。前傾機能が付いたチェアは、体を前に倒すと背もたれが背中に寄り添い、姿勢が崩れにくいのが特徴。また、背もたれと連動して座面も傾くように設計されているので、腹部や太ももの圧迫感も軽減され、血行不良を解消するメリットもあります。

オカムラ Sylphy(シルフィー)

シルフィー

オカムラの人気チェア・シルフィー。前傾機能をはじめとする各機能を搭載し、座り心地を自分で調整しやすいオフィスチェアです。オプションで、周囲の視界を遮るワークベールが取り付けられます。作業により集中したい方におすすめです。


ハーマンミラー Aeron(アーロンチェア)

アーロンチェア

歴史ある有名なオフィスチェアのアーロンチェア。オフィスチェアの「リラックスするため」の側面をなくし、作業に集中するための姿勢に特化したデザインです。独自のフォルムとランバーサポートで腰を支える、腰痛にお悩みの方にお試しいただきたい一脚です。


ライオン RIDE(ライド)

ライド

前後に5°ずつ傾く座面が特徴的なライド。体の重心移動に応じて、シートが揺れ動きます。前傾姿勢が取りやすく、目の前の作業に集中しやすいのもさることながら、着座時に体を受け止めるふわっとした座り心地も魅力です。


ハーマンミラー SAYL(セイルチェア)

セイルチェア

おしゃれな方に人気のセイルチェア。オフィスチェアらしい機械的な見た目とは一線を画す、まるでオブジェのようなデザインが魅力です。デザインだけではなく座り心地にもすぐれており、前傾機能も付いています。長時間座るためのオフィスチェアとしてもおすすめです。


長時間パソコンに向き合うことが多い方には後傾姿勢に適したチェアがおすすめ

プログラミングなどで1日中パソコンに向き合うことが多い方には、体をしっかり預けられるチェアがおすすめ。モニターやキーボードの位置を一緒に調整して、リラックスした後傾姿勢を取ることで、長時間の着座による体の疲れを防止しましょう。

オカムラ Shift(シフト)

シフト

ノートパソコンの作業に適した後傾姿勢が取れるシフト。背もたれが後ろに傾いており、ノートパソコンを覗き込む「前のめり」の姿勢や、浅掛けにより発生する「前滑り」の姿勢を防止。チェア本体のカーブを体にフィットさせることで適度に体圧を分散する好ましい姿勢がとりやすくなります。


オカムラ Atlas(アトラス)

アトラス

デスクとセットで「低座・後傾」の理想的な姿勢を実現するアトラス。長時間のリラックスに適した後傾ポジションで、より長い時間にわたって集中力をキープすることを可能にします。前傾姿勢とは異なる没入感があり、パソコン操作の時間が長い方におすすめです。


コクヨ INSPINE(インスパイン)

インスパイン

肘掛の可動域が広く、前傾・後傾姿勢でパソコン操作をする際に、いつでも適切なポジションに配置できるインスパイン。デバイスにより異なる姿勢に追従し、多様化する作業姿勢にフィットします。ワイヤー状のランバーサポートのフィット感が良く、しっかりと体を支えてくれるのが魅力です。


イトーキ Sequa(セクアチェア)

セクアチェア

背もたれが最大33°傾くセクアチェア。体を大きく広げることができ、寝る姿勢に近い状態でのリフレッシュが可能です。独自のフレーム構造がしなやかなフィット感を実現し、座る人の体を支えます。ランバーサポートを標準装備しているため、腰痛にお悩みで「ランバーサポートが絶対に必要」という方にもおすすめです。


姿勢の変化に自由に合わせるチェア

前傾・後傾姿勢に適したチェアをおすすめしましたが、「同じ姿勢は疲れそう」「作業中によく姿勢を変える」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方には座面が動くタイプのチェアもおすすめです。

コクヨ ing(イング)

イング

バランスボールのように360°座面が動くイング。「座りすぎ」に着目し、あえて座面を固定しないことで、無意識に体が動くようなメカを搭載しています。長時間着座の悩みを「姿勢の活性化」で解消する画期的なオフィスチェアです。


コクヨ ingLIFE(イングライフ)

イングライフ

イングをよりリビングになじむデザインに、ゆったりした座り心地に変化させたイングライフ。キャスターのない足元、木目の背もたれなど今までのオフィスチェアにはなかったデザインを取り入れ、ご自宅の書斎だけではなくリビングやダイニングにも溶け込むチェアになりました。座面の動きは従来のイングよりもゆるやかで、座り心地が安定しています。


長時間座っていると疲れるのはなぜ?原因を知って上手に解消

椅子に座ってストレッチをしいている人の写真

チェアに長く座ることで疲れてしまう原因は、主に下記の3つです。
・体圧の偏り
・血行不良
・姿勢が崩れている
中でもオフィスチェアを変えることで改善が期待できるのは「体圧の偏り」と「姿勢の崩れ」。ご自分の体や作業姿勢に合わせたチェアを選ぶことでこれらを解消し、体にかかる負担を減らすことができます。

まとめ

いかがでしたか?今回は作業姿勢別におすすめのオフィスチェアを10シリーズご紹介しました。作業スタイルや内容に合わせてチェアを選ぶことで、長時間座りっぱなしによる疲れをうまく軽減することができます。ぜひKagg.jpでご自分に適したチェアを選んでみてくださいね。

おすすめの特集記事

すべての特集を見る