【レビューあり】国産メッシュチェアの最高峰!オカムラ コンテッサ セコンダ(Contessa seconda)特集

2022.09.30 更新

はじめに

Kagg.jpでも人気の高級メッシュチェア、オカムラ Contessa seconda(コンテッサセコンダ)。実は同じオカムラのチェア Contessa(コンテッサ)の後継シリーズであることをご存知ですか?

今回はオカムラの高級メッシュチェア コンテッサ セコンダの魅力をご紹介します。

コンテッサ セコンダとは

2002年の発売以来、グッドデザイン賞やエルゴノミックエクセレンス賞など国内外のさまざまな賞を受賞し、世界に認められた革新的なタスクチェア・コンテッサ。コンテッサ セコンダはそんなコンテッサの真髄を受け継いだオフィスチェアです。

イタルデザイン

コンテッサ セコンダは工業デザインの名門ITAL DESIGN(イタルデザイン)とオカムラの共創により生まれました。イタルデザインはイタリア・トリノに本社を置く世界屈指のデザインファームです。


ハーマンミラーのアーロンチェアやエルゴヒューマンのエルゴヒューマンプロなど、大きめのチェアや、座り心地のいいメッシュチェアをお探しの方に人気があります。高級感のある、しっかりとした座り心地をお求めの方におすすめです。

コンテッサとの違いは?

コンテッサとコンテッサ セコンダの大きな違いは2つ。耐久性とデザイン(見た目)です。

耐久性が大幅アップ

コンテッサ セコンダ

コンテッサ セコンダは世界中のワーカーにお使いいただけるよう、コンテッサのデザインの特徴はそのままで、強度と耐久性が大幅にグレードアップしました。

小柄な方から体格の大きな方まで、安心して長くご愛用いただけるよう、海外のグローバルな強度基準である「BIFMA X5-2017」の認証を取得しています。

※BIFMA規格とは、Business and Institutional Furniture Manufacturers Associations USAによる家具品質基準です。


さらに高級感のあるデザインに

コンテッサ セコンダのフレームは、コンテッサの象徴的なデザインはそのままに、より薄く、よりスタイリッシュになりました。適度な柔軟性があり、座る人の体の動きに合わせてしなやかに追従します。細部のデザインにもこだわり、連結部のボルトが見えないようになっています。

コンテッサとコンテッサ セコンダ

(左)コンテッサ (右)コンテッサ セコンダ。同じ仕様を比較しました。コンテッサ セコンダはフレームがよりシャープになっています。


また、カラーと素材がリニューアルされ、より上質で高級感のある張地となりました。

コンテッサとコンテッサ セコンダ

(左)コンテッサ (右)コンテッサ セコンダ。どちらもカラーはダークブルーです。コンテッサ セコンダはメッシュの透過性が上がり、より軽やかで光沢感のある印象です。

透過性が高く手触りのいいメッシュは高級感と強さを両立し、なんと体重136kgのオフィスワーカーが24時間×7日間使用し続けることを想定とした、耐久試験を行っているそう(ハイ パフォーマンス メッシュ開発ストーリー)。西陣織にルーツをもつ川島織物セルコンにより手がけられました。

世界基準の高い評価

前身のコンテッサと同様に、国内外で高い評価を得ているコンテッサ セコンダ。その経歴をご紹介します。きっとコンテッサ セコンダを「世界基準の座り心地」と評する理由にもご納得いただけるはずです。

グッドデザイン賞

グッドデザイン賞

グッドデザイン賞は日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度です。このロゴを見たことがある方も多いのではないでしょうか。デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、今日では国内外の多くの企業や団体が参加しています。


レッドドットデザイン賞

レッドドットデザイン賞

レッドドットデザイン賞は1955年より毎年開催されている、世界でも最大級かつ権威のあるデザイン賞のひとつです。ドイツの著名なデザイン機関「ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター」が主催しています。


The German Design Award

The German Design Award

The German Design Awardは、2012年にドイツ デザイン協会により設立されました。すでに優れたデザインとして一定の評価を受けているプロダクトの中から、ドイツ デザイン協会が推薦したものだけが応募できる難関です。


グッドデザイン賞

グッドデザイン賞

グッドデザイン賞は「シカゴ建築・デザイン博物館」が「ヨーロッパ建築・美術デザイン・都市計画センター」とともに主催しており、日本のグッドデザイン賞とは異なります。創設は1950年で世界のデザイン賞の中でも長い歴史があり、世界的に有名な賞です。


快適なデスクワークを実現する 充実の機能

スマートオペレーションシステム

スマートオペレーションシステム

スマートオペレーションとは、肘の先端にレバーをつけることで、座ったままの自然な姿勢で基本的なチェアの調整が行えるシステムのことです。

左肘はリクライニングの固定と解除、右肘は座面の高さを調整します。通常の椅子であれば座面の下にあるレバーが肘掛に付いているため、体をかがめず簡単に調整できます。


大型のランバーサポート

ランバーサポート

ランバーサポートは、体格に合わせて上下60mmの調整が可能です。同じオカムラのオフィスチェアの中でも、コンテッサ セコンダのランバーサポートは比較的大きく、やわらかい樹脂素材が使われています。

ランバーサポート付きのチェアを使う方の中には、「パーツが背中に当たって痛い」と感じてしまう方もいらっしゃいますが、コンテッサ セコンダのランバーサポートは優しく腰を支えてくれます。腰痛対策にランバーサポート付きのオフィスチェアを検討されている方にもおすすめです。



2種類のヘッドレスト

2種類のヘッドレスト

エクストラハイバックタイプに付いているヘッドレストは、大型と小型の2種類から選べます。

後継姿勢で長く作業をしたり、椅子に体を預けて後継姿勢で作業したりすることが多い方には面積の広い大型ヘッドレストがおすすめです。小型ヘッドレストは可動式で高さの調整が可能なため、固定型のヘッドレストがしっくりこない高身長の方にはこちらがおすすめです。



コンテッサ セコンダの操作説明は、こちらの動画からもご確認いただけます。


スタッフがレビュー!コンテッサ セコンダの座り心地は?

国産メッシュチェアの最高峰ともいえるコンテッサ セコンダ。座り心地が気になりますよね。今回はスタッフが実際に座ってみました!

背座メッシュのコンテッサセコンダは、体がしっかり支えられている感覚と、包み込まれるような感覚が共存していました。メッシュ張地なので通気性がよく、暑がりな私にはちょうどいいです。

ヘッドレストがついたエクストラハイバックタイプは、座っているときに後継姿勢をとる方や、チェアに背中をあずけてリラックスする場面がある方におすすめです。やや前傾ぎみでパソコンに向き合うことが多い私には、ハイバックタイプが合っているかもれません。


何と言っても感動したのはスマートオペレーションで、体勢を変えずにリクライニングや高さ調整などの操作ができる点に便利さを感じました。またリクライニングの動きもなめらかで、レバー操作をしてもガタつかず・スッと止まるのがとても快適でした。


コンテッサセコンダはオフィスチェアの中でも大型の部類に入るので、設置の際は重さや大きさにご注意ください!

※レビューはスタッフ個人の感想です。

さいごに

いかがでしたか?高級感あふれるチェアに座ったら、なんだか特別な気分が味わえそうですよね。機能や座り心地が充実しているコンテッサ セコンダは、腰痛やデスクワークによる疲労にお悩みの方にもおすすめです。

ぜひオカムラの最高級メッシュチェア コンテッサ セコンダの座り心地をお試しください!

ARを使って試し置きが可能です

こちらの商品はARで配置シミュレーションができます。下記QRコードからぜひお試しください。

QRコード

・iOS 12より搭載されたAR Quick Lookで閲覧できます
・iPhone、iPad端末以外ではご利用できません
・AR機能による家具配置はあくまでシミュレーションです。実際のサイズ・色等を保証するものではありません

Contessa seconda(コンテッサセコンダ)のよくある質問

コンテッサとコンテッサセコンダの違いは何ですか?

コンテッサとコンテッサセコンダを比較して、大きく異なるのは見た目と耐久性の2点です。
コンテッサセコンダのフレームは従来よりも薄型に、張地のメッシュはより高級感のあるカラーにリニューアルされています。
また耐久性が大幅にアップし、日本国内だけでなく海外でも愛用され得る強度を確保しています。

おすすめの特集記事

すべての特集を見る