【大感謝祭】9月28日(金)17:59まで 対象オフィスチェアが通常の会員価格から、最大10%OFF!
新サービス開始!Kaggレンタル

【Lives】”自分らしさ”を発揮できるオフィス家具 オカムラ「ライブス」特集

カテゴリ :

2018.04.27 更新

働き方改革を始めに、日本では次々と多種多様なワークスタイルが生まれています。社会の変化に伴って職場で見直されているのが、そのオフィス環境。意識やモチベーションに関わらず、オフィスで働く人々がのびのびと働くことができるような環境づくりが意識されるようになってきました。

その中の変化の一つとして挙げられるのが、オフィス家具の多様化。従来の画一的なオフィス家具ではなく、社員一人ひとりがそれぞれの「働きやすさ」を実現できるよう、各メーカーからは新しい働き心地を提案するオフィス家具が登場しています。

今回はその中でも、自分らしくナチュラルに働くことをコンセプトに設計された、オカムラの新製品「Lives(ライブス)」をご紹介します。

【キャンペーン情報】
2018年4月16日(月)~2018年4月27日(金)17時59分の期間中、「Lives」シリーズ製品を含む3万円(税別)以上のお買い物をされたお客様を対象に、 5000円分のQUOカードプレゼントいたします!
※1度のご注文につき5000円分を1枚プレゼント。期間中は何度でもご注文いただけます。
ぜひ、この機会に「Lives」の導入をご検討ください。(→キャンペーンは終了いたしました)

“Natural-being”が提供する、新しいオフィスの価値

人が自分らしく、能力を素直に発揮している状態を表す言葉“Natural-being”。「Livs(ライブス)」が提案する職場に向けた新しいコンセプトです。

一人ひとりから生み出される「感性」を刺激すること、次々に発せられる新しい「価値観」を尊重すること、素早く効率的に「行動」へと移すことの3つの概念を基盤に、従来のオフィスとは異なる今らしい在り方を提案するべく誕生しました。

「Lives」では、ワーカーそれぞれが働きやすさを実感できる使い勝手や、独創性を豊かに広げる素材感など、オフィス家具がこれまで担っていた役割を超えた新しい職場環境の提案を進めています。

「Lives」が提供する3つの特徴

「Lives(ライブス)」は、働き方の違いに柔軟に対応するべく、大きく分けて3種類の特徴を持ち合わせています。

・独創的かつどんなオフィスにも馴染む扱いやすさ
・感性をゆっくりと刺激する素材感
・画一的でない自由なオフィスデザイン

これらの特徴に注目しながら、「Lives」の魅力を確認していきましょう。


1.独創的かつどんなオフィスにも馴染む扱いやすさ

オフィスで働くすべての人へ働きやすさを提供する「Lives」。独創的ではありながらも扱いやすく馴染みやすい使い勝手に設計することで、個人やシチュエーションに依存することなく快適に過ごせる仕上がりを実現しました。

カフェや住宅のように安らぐ場所を提供しつつも、オフィス家具が本来持つべき「扱いやすさ」は妥協をしない。これからの新しい働き方を促進する「Lives」の提案です。


2.感性をゆっくりと刺激する素材感

オカムラが独自に行なったアンケートによると、オフィス家具が置かれる環境には色彩だけでなく素材感・質感も必要だと感じているユーザーが多いようです。

そこで「Lives」では、創造性を豊かにする素材感に着目して製品開発を進めてきました。リラックス感を生み出す雰囲気には柔らかい触り心地のインターロックの素材を、落ち着きと静的な雰囲気を生み出す場合にはかっちりとした印象を与える本革など、オフィス空間の変化に伴った素材で、一人ひとりが持つ感性を優しく刺激します。


3.画一的でない自由なオフィスデザイン

「Lives」の製品は、あえてデザインに統一感を持たせない開発を行ないました。これは、多様な働き方を日本よりも先に取り入れてきた世界の企業では、デザインの画一化を行わずに全体的な雰囲気を合わせる環境構築がなされていたことに由来しています。

オカムラは、個人経営のおしゃれなカフェで見られるような、異なるデザインから調和を生み出す方向性のデザインによって、個性的な空間を作り出すことに成功しました。そこから、オフィスのトータルコーディネートを行うに相応しい8種類の製品を開発することで、今までにはない「Lives」オリジナルの世界観を演出できるようになったのです。


さまざまな顔を見せる「Lives」の導入例

では、「Live(ライブス)」を実際にオフィスで導入した場合には、どのような効果がもたらされるのでしょうか。一式を導入した場合と、一部のみを導入した場合のシミュレーションの例をご紹介します。

「Lives」を一式導入した場合

オフィスに安心感をもたせることができるコーディネート。ピンクやグレーなどの柔らかい色味と、質感の柔らかい素材を用いることで、リラックス感と開放感を提供しています。

オープンで賑やかさを生み出すなら、色彩豊かなオフィス家具で揃えるのがおすすめ。黄色や水色といった鮮やかな色合いが、活発に意見の飛び交う明るいオフィスを提案します。

高級感や落ち着きを求める際にはダークトーン寄りのプロダクトで揃えます。ひとりで黙々と作業したい場合やじっくりと考えながら作業を進める場合など、静かな雰囲気を生み出す際にもっとも適したコーディネートです。

「Lives」を一部に導入した場合

黙々と作業に没頭する場合には、パネルやチェアを用いてひとりの空間を作り出します。ゆったりと座った状態でも集中できる雰囲気を作り出すことができるので、仕事もきっと捗るはず。

ディスカッションを交えながら仲間と一つの業務に取り組む場合は、キャスター付きのカジュアルなチェアでコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。気軽に移動ができるので、活発な意見を交わしながらより良いアイデアが生まれるかもしれません。

簡単なプレゼンを行いながらみんなでつくる会議の場では、フラットに参加しやすいようソファを取り入れるのがおすすめ。カジュアルに発言しやすい雰囲気を作ることで、さまざまな意見の飛び交う有意義な会議を実現します。


代表製品紹介

それでは、ここで「Lives(ライブス)」シリーズとして販売されているプロダクトをいくつかご紹介します。

1. Unit Sofa

リラックスした状態で働くことのできるユニットソファはオフィスの雰囲気を一気に柔らかく、柔軟にしてくれます。集中してしっかりと作業したい場合はデスクを合わせて、簡易的な作業をしたい場合にはカフェ気分で。その時々の気分に合わせて活用できます。

資料を置いておくことのできるサイドデスクや、パソコン・スマートフォンを用いた作業に必須の電源タップなど、快適に作業できる環境も用意しました。また、背中にフィットした優しい座り心地で、長時間の作業でもストレスを感じさせません。

※ユニットソファの詳細はKagg.jp事務局までお問合せ下さい。


2. Work Chair

自宅のリビングにいるかのような安心感を与える「Lives」のワークチェア。背・座共に張り材を用いることで従来のオフィスチェアにはない見た目の柔らかさを作り出しています。背もたれの高さや脚のタイプなどもそれぞれ選ぶことができるので、生み出したい空間によって使い分けるのがおすすめ。

さらに、くるぶしの動きにシンクロしてリクライニングが駆動する「アンクルチルトリクライニング」機能や、シンプルな操作でリクライニングの反力強度を変更できる「スマートスライドオペレーションバー」など、オフィスチェアとしての機能も余すところなく搭載しています。


3. Personal Chair & Table

オカムラが、座りやすい・疲れにくいと定義する「低座・後傾」の考え方をベースにした、パーソナルチェアとテーブル。テーブルを身体のそばにまでグッと引き寄せることができるので、快適に作業を続けることができます。また、テーブルの先にまで足を伸ばす態勢もとれるので、リラックスしながら作業ができるのが嬉しいポイント。

独特な曲線を描いたチェアのフォルムは、身体を優しく包み込んでくれる安心設計。頭部部分の囲いでは、視線を遮ることによる集中力の向上も期待されています。身体はリラックスしながらも、作業そのものは集中して効率良く。働く人々に求められるポイントを、上手に織り込み設計しました。


4. Nesting Chair

席を移動しながら行なうディスカッションやワークショップなどで大活躍の、ネスティングチェア。キャスター付きなので、スルスルと快適な移動を実現しました。

シンプルでありながらも安心感を与える木目のチェアで、オフィスの雰囲気を優しく明るく演出してくれること間違いなしです。背もたれのカーブも疲れにくいよう設計されています。また、使用しない際には座面を跳ね上げることでコンパクトに重ねて収納できます。フットワークの軽いチェアのおかげで、職場での意見交換も活発になるはず。


5. Counter

アイランドキッチンのように、どこからでもアクセスしやすい便利なカウンター。簡単な作業にも、ミーティングなどで人が集まる場合でも、さまざまなシチュエーションで活用できる利便性を誇ります。

カフェのカウンターのように気軽に人が集まる場所として活用する場合に備えた大容量のキャビネットやカトラリースペースも充実しています。また、作業用の電源タップももちろん準備。カジュアルに作業できる空間として、オフィスの雰囲気をガラリと変えてくれるプロダクトです。

※カウンターの詳細はKagg.jp事務局までお問合せ下さい。


Lives選びの3つのポイント

それでは最後に、「Lives(ライブス)」を選択する際に重視するべき3つのポイントをご紹介します。

1.素材感で選ぶ

「Lives」のプロダクト選びでもっとも重要なのは、各製品に使用されている素材選び。オフィスの雰囲気を柔らかくしたいなら、質感の柔らかい「インターロック」や「ツイル」で。落ち着きのある雰囲気づくりをするなら「本革」で。素材によってオフィスが持つ雰囲気は一気に変わります。

2.オフィスチェアは「ローバック」or「ハイバック」で選ぶ

「Lives」のチェアで選択できる背もたれの高さ。ローバックであれば姿勢を正して集中して、ハイバックであればゆとりのある背もたれなのでリラックスした状態で仕事をすることができます。

また、ローバックであれば開放的なオフィスを、ハイバックであれば凛々しいオフィスを演出することもできます。作りたいオフィスの雰囲気に合わせて背もたれの高さを変えてみてくださいね。

3.オフィスの雰囲気に合わせて組み替える

「Lives」の魅力の一つである、さまざまな組み合わせを楽しめるラインナップの数々。ソファをメインにしたコーディネートではカフェらしい雰囲気に、カウンターをメインにしたコーディネートでは外国風に立席タイプのミーティングを行なうこともできます。

一式でも一部でも、実現したいオフィスの雰囲気に合わせてプロダクト組み合わせるのが「Lives」の楽しみ方です。


特設ページでもっと知る

▼メーカー特設サイト
Lives はたらき心地を、カタチに。

▼開発ストーリー
株式会社オカムラ ライブス開発ストーリー

▼ブランドブック
Lives ブランドブック

▼プロダクトブック
Lives プロダクトブック

▼ブランドサイト
Lives 製品情報

さいごに

今後、まだまだ促進される働き方の多様化や変化。それらに追随するように、オフィス家具も進化を続けなければなりません。「Lives(ライブス)」が提案する“Natural-being”の考え方は、これからのオフィスにとって、より重視される考え方となることでしょう。この機会に、改めてオフィス環境の見直しを行ってみませんか?

【キャンペーン情報】
2018年4月16日(月)~2018年4月27日(金)17時59分の期間中、「Lives」シリーズ製品を含む3万円(税別)以上のお買い物をされたお客様を対象に、 5000円分のQUOカードプレゼントいたします!
※1度のご注文につき5000円分を1枚プレゼント。期間中は何度でもご注文いただけます。
ぜひ、この機会に「Lives」の導入をご検討ください。(→キャンペーンは終了いたしました)

お問い合わせ

オカムラの新製品「Lives(ライブス)」についてのお問い合わせは、Kagg.jp事務局までお気軽にご連絡ください。

Kagg.jp事務局 0120-473-047(平日9:00〜18:00)
メールでのお問い合わせはこちら

おすすめの特集記事

すべての特集を見る