新サービス開始!Kaggレンタル

【Swift】仕事がラクになる!疲れにくいデスク オカムラ「スイフト」特集

カテゴリ :

2018.12.07 更新

仕事がラクになる!疲れにくいオフィスデスクSwift

▮はじめに

皆さんは仕事中、座り疲れた経験はありますか?座っていて腰が痛くなったことはありますか?
「働きすぎ大国」と呼ばれる日本はまた、「座りすぎ大国」とも呼ばれています。
仕事中、気分転換に立ち上がったり、ストレッチで身体をほぐしたりするのは気が引けて出来ない方もいらっしゃると思います。
また座りすぎは疲れだけでなく、健康リスクも高めてしまいます。

そんな悩みを解消するのが、これからご紹介するオカムラの昇降デスク「Swift(スイフト)」です。

▮1.Swiftのコンセプト

concept_1

個々人が健康的に働くことで、チーム・オフィスも生き生きと活発化できたら、素晴らしいですよね。
働き方改革が話題になる昨今、会社と人に焦点を当て、最も効率的な働き方を追求して開発されたのがSwiftです。
これまでの仕事を立って行うだけで、ワーカーの健康維持や、仕事の生産性向上などの効果が期待できます。


▮2.バリエーション

オフィスデスク・スタンダード

variation_1

一般的な個人用デスクはスタンダードな平机タイプ。
オフィスにもご家庭にも、使う場所を選びません。
同時に複数の仕事をしたい方にはL型天板タイプと120°天板タイプがオススメ。
向かい合わせに連結し、チームワークレイアウトも出来ます。
エグゼクティブ向けには天板を広く使えるマネージャータイプがあります。


オフィスデスク・ベンチタイプ

variation_2

向かい合わせに2台が連結したベンチタイプ。
オフィスで一括導入する際にピッタリです。
脚部が一体化しているので通常のデスクよりも足元がスッキリしています。
価格も同じサイズのデスクを2台買うよりお得です。


コンパクトタイプ

variation_3

通常のデスクよりも天板が小さなコンパクトタイプ。
メインのデスクの補助として、ちょっとした相談やサブテーブルに手軽に導入できます。
立ち姿勢での会議や講演にも利用できるサイズです。


ホームデスク

variation_4

Swiftのデスクにはホームタイプもあります。
Swift home(スイフトホーム) は家庭向けの個人用デスク。
Swiftの機能はそのままに、使いやすさとデザイン性を高めました。
昇降機能はもちろん、上棚、小物トレーに引き出しと家庭環境を考えた機能が追加。
細部のディティールにもこだわり、高級感溢れる佇まいです。


ミーティングテーブル

variation_5

Swiftはミーティングもサポート。
率座姿勢を入れ替えることで議論がよりアクティブにさせ、ミーティングの質を高めます。
仕様はスクエアタイプとラウンドタイプの2タイプ。
シンプルなT字脚が下肢空間を確保。なおかつ配線機能が充実しています。
サイズも豊富で、大規模なミーティングには最大幅3600mmのワイドタイプで対応します。


カラーバリエーションも多彩!

variation_6

天板7色、脚部3色・最大21通りの組み合わせから、カラーを選べます。
プライズウッドカラー天板は手痕が付きにくく、ふき取りやすいマークレス仕上げです。清潔感やスッキリ感を演出したいならホワイトカラーを。明るくお洒落なオフィスでは木目天板が最適。シックな空間では、重厚感のあるブラック脚がオススメです。



▮3.立って仕事をするメリット

定期的に立つだけで健康になる

merit_1

株式会社オカムラ +Standing[プラススタンディング]

「立ち仕事」か「座り仕事」どちらかの状態で働くことが多い私たちですが、実は「立ち仕事」と「座り仕事」を交互に行うことが、最も疲れにくいことが分かりました。どちらかだけだと上半身・下半身に集中して負荷がかかります。適度に交代することで、負荷を分散、疲労を軽減します。
また、座りすぎは足の筋肉が硬直、むくみの原因となります。酷い場合には血流を滞らせ、生活習慣病を始め重大な病気の原因にもなりえます。
座りながらの仕事はそれほど過酷なものなのです。

merit_2

仕事の疲れから不意に眠気が襲ってくることもあるでしょう。眠気は簡単には解消できない悩みの一つ。
立座を定期的に繰り返すことは身体を大きく動かすので、効果的な眠気覚ましにも繋がります。

座り姿勢は、足だけでなく腰にも強い負担になり、腰痛の原因に。腰痛は日常生活にも影響を及ぼします。
Swiftを用いた研究の結果、1時間ごとにデスクを昇降させて仕事をすると、腰の痛みが軽減したという結果が出ました。
腰だけでなく、背中などにも効果があるので、どこか身体に不調のある方にオススメです。

机を変えるとよく眠れる?メンタル面にもメリットが

merit_3

昇降デスクは、メンタル面にも良い影響を与えます。
立座を繰り返しながら仕事をすると、睡眠の質が高まることが分かりました。睡眠の質を高めると心身のストレスも減少。
仕事に対する集中力やモチベーションアップが期待できます。モチベーションアップは仕事に向かう活力にもプラスします。


▮4.Swiftの機能

座り姿勢にも便利な上下昇降

function_1

650~1250mm(テーブルは700~1250mm)の範囲で高さを自由に調節。手動式に比べ細かい範囲で設定可能。スタンディングデスクへの変更だけでなく、座り姿勢の高さ微調整が出来るのもポイント。動き出しはゆっくり動いて徐々にスピードアップするので、天板の物が崩れるご心配は不要です。昇降時間のストレスもなく、静穏性も兼ね備えています。さらにswiftは待機電力0.1Wの省電力性能です。


ワンタッチで思い通りのコントロールパネル

function_2

手動式の昇降デスクはネジを外したり、ハンドルを回したり…と、何かと大変。結局高さを変えずに使いがち。
しかし電動タイプなら片手ですぐ昇降できます。操作方法はレバータイプとボタンタイプの2種類。
さらに高さ表示インジケーター付きタイプは高さをメモリーボタンに登録可能。何度も調整を繰り返す必要はありません。
また、3つまで登録できるので、座り、立ち、中腰など瞬時に切り替えられます。


スマートフォンアプリ”Posture”で健康管理

function_3

swiftの専用アプリ、”Posture”(ポスチャー)を使うとコントロールパネルに触れなくても天板の操作が出来ます。もちろん、メモリー機能も使えます。
管理機能も充実しています。毎日、どれだけ座ってどれだけ立って仕事をしたのか、時間と姿勢を記録しグラフで見える化。
さらに立ち姿勢によるカロリー消費量表示や、長時間使用のアラート機能で働き方を完全サポートします。


Swiftで仕事も私生活も元気に

海外では既にスタンダードなスタンディングワーク。
日本ではまだまだ普及していないものですが、健康や仕事へ良い影響を与えることが明らかになっています。
今までのデスクを変えるだけで、オフィスに新しい風を吹き込むきっかけになるかもしれません。
ぜひこの機会に、オカムラ「Swift」を使用してみてはいかがでしょうか。

【お見積り無料】お問い合わせサービスのご案内

 オフィス家具選びでお困りの際は、専任の家具コンシェルジュにお気軽にご相談ください。

0120-473-047 新規購入・買い足し まとめ買い 商品のご提案
  お問い合わせ受付時間 平日9:00~18:00
mail

おすすめの特集記事

すべての特集を見る