コーディネートもレイアウトも無料で相談 Kaggコンシェル

1日中座っている人にオススメしたいチェア。スチールケース『Think(シンク)』

カテゴリ :

2019.05.13 更新

1912年アメリカ・ミシガン州のグランドラピッツで誕生したオフィス家具メーカー、Steelcase(スチールケース)。
1914年に制作したスチール製のごみ箱でその名が知られて以降、数々の先進的オフィス家具を製作し、オフィスの常識を変えてきました。100年を超える歴史を持つSteelcaseには、長年愛され続けるロングセラー商品が多数存在します。
今回は、そんなSteelcaseのロングセラー商品の中でもオススメのオフィスチェア、「Think(シンク)」をご紹介します。

長時間の座り姿勢は健康リスクを高める

一日何時間もイスに座っていることがあるオフィスワーカー。経理やSEといったデスク上での作業が多い業種ほど必然的に着座時間は長くなります。一見立っているより楽そうに見える座り姿勢。しかし、近年の研究で座り過ぎは健康を害することが分かっています。

人間の背骨は本来S字の形をしています。その理由は姿勢にあり、二足歩行をする人間は重たい頭部を支えるため、あえて湾曲したS字になっているのです。背骨のカーブが重たい頭部を支えるクッションの役割を担っています。ところが、イスに座ると体勢が変わり、それに伴って背骨のカーブも変形。クッションの役割を果たせなくなるため、頭部の重みが直に影響してしまい身体に疲労がたまっていくのです。よく聞く肩こりや眼精疲労などは、これらの姿勢によるものが大半です。

座り過ぎは疲れだけでなく、病気の引き金になることも分かっています。とある研究で座り姿勢を取る時間と健康リスクは比例関係にあり、座位が長いほど健康リスクが高まることが発表されています。座り姿勢によって引き起こされる健康リスクは体重増加、肥満がよく見られ、稀に糖尿病やがんなどの重大疾患に繋がることもあるそうです。身近な症状で言えば、足のむくみや身体の痛みが当てはまります。

健康リスクが上昇する具体的な時間についても判明しています。1日の座位時間が8時間を超えると、健康リスクが急激に上昇、1日の座位時間が4時間程度の人と比較して約1.15倍も死亡リスクが高まると言われています。1日11時間以上を超えるとさらに上昇し、約1.4倍になります。作業時間が長い在宅ワーカーや残業が多い会社では、1日8時間程度は珍しくありません。

長時間座っていても、健康でいられるようなチェア

Thinkは長時間座っている人のために開発されたチェアです。座ることの妨げにならないよう、デザインや調節機能を極力シンプルにかつ必要な物だけを備えました。正しい座姿勢へのアプローチを図るため、デンマーク工科大学やミシガン州立大学など著名大学機関の識見を得ています。実際のオフィスを想定した研究など、長い年月を経て生み出されました。


背中は上部と下部で必要なサポート量と質が異なります。Thinkは背中のカタチに合わせて変化し、部分によって適切にサポートします。
圧力マップを使用した視覚的な検証を行い、背中全体を包み込む背もたれを完成させました。どれだけ動いてもしっかり背中にフィットします。


調節機能はわずかでも、座り心地は一級品。内蔵された自動調節機能がユーザーに合わせて最適にサポートしてくれるからです。
座り疲れしにくく、不健康になりにくいハードワーカーのためのチェアです。


1日を通して「座る」ことを念頭に置いて作られたThink。どのような機能で健康リスクの影響を抑えているのか見ていきましょう。

シンプルにまとめられた機能

スタイリッシュなワイヤー製背もたれ

フレクサー(樹脂ワイヤー)がスタイリッシュな背もたれ。チェアにもたれ掛かると、背骨の自然なカタチにそって一連となって動作し、確実にフィットします。
腰を支えるランバーサポートにはスプリングが内蔵されており、姿勢を変えても最適なサポートをします。


作業・休憩に合わせて切り替えられるリクライニング

背もたれのリクライニングの強さと角度は、座面下のレバー1つで同時に調整可能。直立、可動範囲の中間、可動範囲最大、可動範囲最大(反力強め)の4つから好みのポジションを取れます。


疲れにくい座面クッション

座面には、適応力の高いクッションを使用。身体のラインに合わせて的確にサポートします。座面の前部はやわらかく曲がる仕様。大腿部圧迫による座り疲れ、足のむくみを防ぎます。また、座面はレバーを上げて奥行の調節もできます。


オフィスチェア随一のサステナビリティ

サステナブル(Sustainable)とは、「持続可能な」という意味で、環境を保全しつつ持続が可能な産業などのこと。簡単に言うと、環境にやさしいことです。
ThinkはC2C認証やe3VIFMA基準のレベル3認証を受けた、最先端のサステナブルデザインチェア。パーツの分別のしやすさや、チェア重量の3分の1を再生材にするなど、サステナビリティに努めています。


さいごに

一日中座りっぱなしであるデスクワーカーは、不健康になりやすい環境で常に働いているとも言えます。そんな中で働く過酷なワーカーを助けてくれるThink。座りやすさの面で秀でていることはもちろん、自動調節機能で誰にでも正しい姿勢を提案してくれるのは心強い性能です。
長時間労働が多いハードワーカーはもちろん、オフィスチェア選びが初めての方にもオススメです。

Think

メーカー Steelcase
カテゴリ オフィスチェア
公式HP Steelcase - Think

仕事で「座る」人のためのチェア。人が1日を通して座っていても疲れないことを目指しています。快適性を求めるため、基本的な機能のみを搭載。シンプルにしたことで、誰にでも適応するチェアになりました。

【お見積り無料】お問い合わせサービスのご案内

 オフィス家具選びでお困りの際は、専任の家具コンシェルジュにお気軽にご相談ください。

0120-473-047 新規購入・買い足し まとめ買い 商品のご提案
  お問い合わせ受付時間 平日9:00~17:00
mail

おすすめの特集記事

すべての特集を見る